2023.12これからビル・ゲイツの野望でmRNAワクチンを世界中の食料に注射して行われる予定の人口削減のテロリスト行為を防ぐ手段について。

R1ヨーグルトの様な発酵ヨーグルトを魚鶏豚牛などにエサとして与え、抗生物質も2023.12これから流行るmRNAワクチンを家畜やエビや魚に注射するテロリスト行為をFDAとインターポールと防ぎましょう。 新型コロナウイルスを防ぐ手段として、大学の教授さんが、赤ワイン(出来れば、有機JAS農法で酸化防止剤無添加)と納豆(ただし中には、大豆を薬品に漬け込んで、強力な紫外線を照射して皮膚がんの様な状態を作り、それを納豆と呼ばせてフードスーパーに出荷している悪質な例もある様ですので御注意!)、 新型コロナウイルスの対処療法としまして、イベルメクチンが国際的に効果が高いと認められているのですから早期に、予防薬としてお医者様に処方して頂くのも個k樹みん健康保険適用として、日本医師会が許可をして頂くご英断をして頂きたいと願っております。Aon & ALFAC CEO 石 塚 正 浩。090-7555-5011

Read more →

ADEKAが世界初の800Wh/kg台電池、長寿命の理由も一部解明

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/08673/ https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/08673/?P=2 ADEKAは2023年11月、「SPAN(硫黄変性ポリアクリロニトリル)」と呼ぶ硫黄系有機材料を正極材料、Li金属を負極材料に用いたリチウム(Li)硫黄2次電池(Li-S電池)の一種「Li-SPAN電池」について新しい開発成果を多数発表した。  具体的には、(1)セルの重量エネルギー密度が803Wh/kgという2次電池としての世界最高水準を達成(2)同500Wh/kgのセルでは充放電サイクルが200回以上、回ることを確認(3)全固体Li-SPAN電池でセルの重量エネルギー密度350Wh/kgを達成し、充放電サイクルが50回以上、回ることも確認(4)電池パックとしての重量エネルギー密度が315Wh/kgのLi-SPAN電池で、マイクロドローンのフライトに成功(5)SPAN正極を用いたLi-SPAN電池の充放電サイクル寿命が他のLi-S電池よりはるかに長い理由を一部解明(6)Li-SPAN電池の釘刺し試験で、温度上昇が、SPANのS含有率によらず、いずれの場合でも発火や発煙は起こらないことなどを発見(7)充放電特性を高めた同350Wh/kgのセルで放電レートとして3Cかつ200回以上の充放電サイクルを確認(8)半固体電池(Semi-solid、またはクレー型電池)で、正極材料の「超厚塗り」によって、単位面積当たりの容量密度が100mAh/cm2を実現(9)ドライ電極プロセスを適用した液系Li-S電池を試作  これらのうち、(1)~(6)については、2023年11月28~30日に大阪市で開催された電池技術の学会「第64回電池討論会」で詳細を発表した。 電解液や集電体をとことん軽い材料に  ADEKAは2022年の電池討論会で、セルの重量エネルギー密度として708Wh/kgの世界最軽量級Li-SPAN電池を試作したことを発表している。今回の(1)は803Wh/kgで、1年前の記録を更新した(図1)。ちなみに、体積エネルギー密度であればもはや800Wh/Lは珍しくない。しかし、重量エネルギー密度が800Wh/kg超は2次電池としては世界初といえる。 [画像のクリックで拡大表示] [画像のクリックで拡大表示] 図1 803Wh/kgのLi-SPAN電池セル(モック)と充放電データ 大阪城を背景に写真撮影したが、安全性確保と法令順守のためにモックを利用したとする(出所:ADEKA)  ADEKAによれば、セルの作製プロセスは基本的に今回も同じだとする。軽量化を追求するため、(i)電解液も比重が小さい材料系を選択した、(ii)負極の集電体材料を、一般的な銅(Cu)からより比重が小さいLi箔に変更した、(iii)セルは、100%放電状態で作製するいわゆる「アノード(負極)フリー」プロセスを採用した――といった点である。 SPANの硫黄含有率が52重量%  前回と異なるのは、SPANの硫黄(S)含有率を48重量%から、52重量%に高めた点。48重量%のSPANは既に年間100kgの規模で製造しているが、52重量%のSPANはADEKAの福島県相馬市にある相馬工場で特別に試作した材料だという。  こうして実現した803Wh/kgのセルの充放電サイクル寿命は充放電レートが0.05C(20時間充電)の場合に7~8回だとする。  ADEKAによれば、他機関の研究開発で700Wh/kgというセルの報告例があるというが、その充放電サイクル寿命はわずか1回。事実上の1次電池だ。  7~8回でも実用化にするにはサイクル寿命がやや短いが、「800Wh/kg超という、これまでにない水準の2次電池を開発できたことで、電池としての今後の可能性を示せた」(ADEKA 研究開発本部 環境・エネルギー材料研究所 環境・エネルギー材料研究室の撹上健二氏)という。 […]

Read more →

トヨタの戦略、“しがらみ”断って2026年に次世代EV

 2023年12月4日   https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/02665/112800001/ 久米 秀尚 日経クロステック/日経Automotive 2023.12.04 有料会員限定 全3116文字  電気自動車(EV)市場の現状や各自動車メーカーの技術的な特徴を把握するため、本コラム「世界EV総覧」では日本・米国・欧州・中国・韓国などの主要メーカーが販売するEVを整理する。散らばっている情報をまとめ、比較することで各社のEV戦略や車両の優劣が見えてくる。今回は、トヨタ自動車の全体動向をお伝えする。  トヨタはパワートレーンの電動化において「マルチパスウェイ」戦略を掲げる。主力のハイブリッド車(HEV)を筆頭に、EVやプラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCV)、水素エンジン車など幅広い開発を進めている(図1)。 図1 電動パワートレーンは全方位で 「マルチパスウェイ」戦略を掲げ、2050年のカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量の実質ゼロ)を目指す。(出所:トヨタ) [画像のクリックで拡大表示]  EVにおいては、2022年5月に発売した「bZ4X」でトヨタ初となるEV専用プラットフォーム(PF)を導入した。トヨタが2022年に販売したEVは約2万4000台にとどまる。低空飛行を続けるbZ4Xの教訓を生かし、次世代EV専用PFの開発を進めている。2026年に実用化する目標である(図2)。 図2 「レクサス」ブランドのEVコンセプト「LF-ZC」 このモデルをベースに開発したモデルを2026年に発売する予定。次世代の車載電池を採用し、1000kmの航続距離(CLTCモード:中国の独自の走行サイクル)を目指す。(写真:日経クロステック) [画像のクリックで拡大表示]  トヨタは2026年までにEVの新モデルを10車種投入し、年間販売台数を150万台まで増やす計画である。2030年までにトヨタと「レクサス」ブランドで30車種のEVモデルをグローバルに展開し、年間350万台まで生産できるようにするという。 中国ではBYDと共同開発したEVも […]

Read more →